交通事故での障害等級取得で認定手続はどうすれば良いのか分からない人も多いでしょう。障害等級取得の手続きに不備があれば等級が下がるだけではなく、障害等級を得られない可能性もあります。そうならないためにも適切な手続きをしなければなりません。

後遺障害診断書後遺症の障害等級認定については2つの手続き方法があります。後遺障害診断書を任意保険会社に提出する方法です。この場合、資料については保険会社が集めることになります。被害者が自ら行う場合は、医師の作成による後遺障害診断書やレントゲン画像など、自賠責保険会社や損害保険両立算出機構へ自ら資料を用意して提出しなければなりません。保険会社に提出する方がてっとり早いのですが、示談交渉が終わるまでは賠償金は支払ってもらえないのです。また、適正な後遺障害等級を得られるかどうかは保険会社の判断に大きく左右されます。そのため自ら行う被害者請求が良いと言えるでしょう。しかし難しいなら、弁護士に相談することで問題をスムーズに解決できる可能性が高くなります。

後遺障害診断書の記載内容は医師に作成してもらう必要があります。しかし知識がなければ、本来入れても良いはずの内容がもれていることも出て来るのです。それを素人がチェックするのは困難でしょう。適切に後遺障害診断書に必要な内容が記載されているかどうか確かめるためにも弁護士に相談することで失敗のリスクが低くなるのです。