後遺障害の認定等級は賠償金に大きく関係することなのは間違いありません。だからこそ専門知識を持って対応をする必要があります。しかし多くの方は専門知識を持っていません。医師や保険会社も絡んで来ますし、自分の要望が叶わない可能性もあります。だからこそ間に弁護士が入ることで被害者である自分が泣き寝入りをしなくても済む状態が作られるのです。

弁護士後遺障害の等級認定は分かりづらい所がたくさんあります。それは、目で見えない精神的な部分も後遺症として認定されるという問題があるからです。しかし回復しなければ一生に渡り治療を受けなければなりません。だからこそ確実に等級認定されるには弁護士の助けが必要になるのです。後遺障害について弁護士に相談するメリットは他にもあります。まず後遺障害の認定がスムーズに行われやすいことが挙げられるでしょう。

治療費も任意保険会社に任せるよりも早く認定がされやすいため、治療費に当てることができます。また、慰謝料などについても増額が期待できるなど、メリットは多いです。さらに面倒な手続きも任せることができます。等級認定について納得できなければ異議申し立てもすることができます。しかし医学的な根拠が必要です。多くの人は医学的な専門家ではありませんからどんなに痛みがあると言っても通じないことも少なくありません。医師による後遺障害診断書がポイントになるのですが、そこに同じく専門家である弁護士の目が入ることで等級が左右されることも少なくないのです。

【参照HP】アディーレ法律事務所:交通事故後遺障害とは