交通事故の被害者になり、ケガを負ったとします。その場合、賠償金に関連して問題になるのは、後遺障害についてです。そして等級取得に関しては、加害者や保険会社との間でトラブルになることが少なくありません。このような問題に対してはどのように対応していけば良いのでしょうか?

相談障害等級は1級から14級まであり、認定についてポイントになるのが後遺障害診断書です。交通事故に寄る後遺障害の認定手続で必要となり、後遺障害が認定されるかどうかはこの書類の記載に基づいて判断されます。つまり後遺障害から等級を考える上で重要な書類なので適切に作成しなければなりません。

後遺障害診断書は主治医に作成してもらう必要があります。しかし交通事故に関する知識が不足している医師だと不備があり、求めている後遺障害等級が認定されない、等級が下がるという問題が出て来るからです。交通事故の後遺症障害等級認定で必要な後遺障害診断書に慣れている医師は数多い訳ではありません。また後遺障害診断書の等級認定は医師にも責任が生じるので、作成してもらえないケースもあるのです。そのような問題を解決するには、やはり後遺障害に強い弁護士に相談するのが手間はかからなくて良いでしょう。